研修を選ぶ

下請法の基礎研修

  • プログラム
  • テーマ別に選ぶ

取引先とのトラブル防止のための下請法を学ぶ

    研修の狙い

    • 下請法の概要を理解する

    • 下請法違反をした場合の影響や、違反で摘発された実例等、下請業者との業務に関する注意事項を学ぶ

    • 親事業者の義務と禁止される行為を学び、自部門での違反がないかを確認する

    ※内容は、貴社のご要望に応じ、カスタマイズが可能です。
    ※時間の目安は10:00~17:00です。

    プログラム内容

    下請法とは

    1. 下請法の概要

    2. 下請法違反による影響

    3. 下請法違反の事例紹介

    下請法が適用される対象

    1. 下請法が適用される要件

    2. 資本金による区分

    3. 取引内容による区分

    親事業者の義務

    1. 書面の交付義務

    2. 支払期日を定める義務

    3. 書類の作成・保存義務

    4. 遅延利息の支払義務

    親事業者の禁止行為

    1. 受領拒否

    2. 下請代金の支払遅延

    3. 下請代金の減額

    4. 買いたたき

    5. 購入・利用の強制

    6. 不当な返品

    7. 報復措置

    8. 割引困難な手形の交付

    9. 不当な経済上の利益の提供要請

    10. 不当な給付内容の変更及び不当なやり直し

    11. その他の禁止事項

    下請法に違反した場合

    1. 下請法違反の場合の影響

    2. 想定される損害等

    3. 下請法との関係で業務上注意しておくべき点

    まとめ

    関連する研修