研修を選ぶ

長時間労働抑止・残業削減研修

  • プログラム
  • テーマ別に選ぶ

働き方改革を背景に、残業削減への意識が高まっている中、長時間労働の改善を図る。

    研修の狙い

    • 長時間労働になっている人の特徴を理解し、今後の残業削減に向けて必要な考え方を学ぶ

    • 時間の使い方を認識し、業務を効果的に進めるタイムマネジメントを学ぶ

    • 無駄な時間を削減し、仕事の生産性を向上するための、具体的な手法を学ぶ

    ※内容は、貴社のご要望に応じ、カスタマイズが可能です。
    ※時間の目安は10:00~17:00です。

    プログラム内容

    長時間労働削減の重要性

    1. 社会的背景

    2. 企業の現況と課題

    残業を削減するために必要な取組み【講義・ワーク】

    1. 自身の業務で時間がかかっていること

    2. 1日の時間の使い方を認識する

    3. 仕事の進め方・段取りを確認する

    自身の業務の棚卸し【講義・ワーク】

    1. 自分が担当している業務の洗い出し

    2. ルーティン業務と発生型業務

    3. 優先順位で業務を分解する

    時間の使い方

    1. 仕事が早い人・遅い人の特徴

    2. スケジュールの組み立て

      1. タイムスケジュールの策定

      2. 作業の見える化・数値化

      3. 工程分析の実施

      4. PDCAサイクルの徹底

    仕事の進め方と段取り【講義・ワーク】

    1. 作業を管理する

    2. やるべきことと、やらないことを決める

    3. 都度処理作業と一括処理作業

    4. 分業作業と単独作業

    具体的な残業削減に向けた取組み【講義・ワーク】

    1. 問題点の洗い出し

    2. 仕事のプランニングとスケジューリング

    3. 仕事の先延ばし防止

    4. 中断・妨害の防止

    5. 会議開催のポイント

    6. メール・文書管理

    7. 整理整頓

    チームによる協力・連携

    1. 依頼する仕事

    2. 早い段階で依頼をして手元の作業を一旦減らす

    3. 依頼した業務の時間管理を徹底する

    今後の残業時間の目標設定と具体策の検討【ワーク・発表】

    1. 依頼した業務の時間管理を徹底する

    関連する研修