「定額制クラブ」による
『教育制度』の課題解決

教育制度を構築する際には、経営方針に照らし合わせ、中長期的な戦略をしっかりと考えることが大切です。それに合わせて、社員育成の目的をたて、明確な方針を作ります。
「定額制クラブ」は、Off-JTの分野で、効果的にサポートいたします。

  • 会社としての人材育成の思想・理念
    人材育成とは、企業の経営理念や経営方針を実現し、企業の発展を支える”人財”を育てることです。同時に、企業の社会的責任を鑑みれば、人材育成は企業の最重要課題であり、目標ともいえます。
  • 人材育成ニーズの整理と確認
    社員教育計画の策定や社員研修の企画をしていく上で、第一歩となるのが「人材育成のニーズの整理と確認」です。経営のニーズ・社会のニーズ・現場のニーズ・顧客のニーズなど様々なニーズを整理し、何が真の問題(=学ぶ理由)であるかを確認し、社員研修を考えることが大切です。
  • 期待される人材像の確立
    真の問題(=学ぶ理由)を解決するために、社員にどんなことを学んでもらい、変化してもらうか、期待される人材像の確立を行います。企業の研修の目的は、教えることでは無く、社員が自ら学び変化することが重要です。
  • 人材育成方針の策定
  • 教育研修計画の作成
    人の変化にはある程度の時間がかかることを理解し、職場外教育(Off-JT)・職場内教育(OJT)・自己啓発(SD)を有機的に組み合わせた研修計画を作成することが必要です。

ご利用企業様の声

不動産取引業 A様

会社が成長を持続するためには、人材の育成が不可欠。
計画的に講座を受講することで、全社員のレベルアップを目指しています。

当社は、戸建住宅の分譲事業を主軸とし、近年大きく成長を遂げてきました。
事業を拡大し社員を増やしていく過程で、これまで現場でのOJT中心だった人材育成のやり方が通用しなくなり、新たな人材育成の仕組みづくりが急務となりました。社員をレベルアップさせ、企業体質を筋肉質にしていくための教育体系を考える中で、定額制クラブへの入会を決めました。現在は、役職ごとに講座を指定し計画的に受講させ、受講後は報告書を上長へ提出させています。
当社は拠点が多く、社員を一堂に会しての集合研修を行うことがなかなか難しいのですが、定額制クラブは社員が行ける時に利用できるという面でメリットを感じています。社外の人とのワークやディスカッションは良い刺激になっており、単なる座学で終わらない面でも良さを感じています。

ページトップへ戻る