「定額制クラブ」による
『教育に関わる上司・本人』の課題解決

平成29年度「能力開発基本調査」(厚生労働省)によると、人材育成に関して何らかの「問題がある」と回答した事業所は75.4%となり、問題点として多い回答は「指導する人材が不足している」「人材育成を行う時間がない」となっています。

平成28年度中に自己啓発を行った正社員の割合は42.9%と昨年比若干の減少傾向にあり又、自己啓発を行う上で「問題がある」と回答した正社員は78.9%にのぼり、問題点として多い回答は「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」「費用がかかりすぎる」となっています。

「定額制クラブ」は、
①日常業務への支障を最小限に抑え、効率的・集中的に学べ、忙しいビジネスパーソンでも受講しやすい受講システム
②東西合わせて、200人を超える専門家やプロ講師陣による、質の高い実践的な指導

により社員教育をサポートいたします。

基本パターン

平日
10:00〜13:00
14:00〜17:00
18:30〜20:30*
*セミナーによって若干開始時間が異なる場合があります。

年間受講スケジュールを一括お知らせ

年間の開催スケジュールを一括してお知らせしますので、
計画的な受講スケジュールを作成頂くことができます。

今月の講師紹介

東京荒尾 千春

テーマ

ビジネススキル

2019年2月05日(火)午前:生産性を高めるコミュニケーション 聴き方編
2019年2月05日(火)午後:生産性を高めるコミュニケーション 話し方編
<参加対象者>
  • 全社員
経歴
オムロンのグループ企業で役員秘書を経験後、フジテレビ系列のテレビ局でアナウンサーとして勤務。その後フリーアナウンサーとして活動。
主な担当番組は、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」や、企業代表者との対談番組など。 司会では、宮内庁関係の式典など多数担当。
現在は、大学非常勤講師をはじめ、官公庁、企業などで働き方改革や女性活躍推進やコミュニケーション、プレゼン、CS・ES向上の研修講師として活躍。年間約200回を超える研修を手掛ける。同志社大学大学院 総合政策科学研究科博士課程(前期)修了。
現在も博士課程(後期)に在籍し、企業の人的資源管理と従業員満足度について研究を行っている。

東京片田 智也

テーマ

若手社員・新入社員

2019年2月26日(火)午前:新入・若手社員 「主体的に動ける人」の考え方・仕事の進め方
2019年2月26日(火)午後:新入・若手社員 「仕事ができる人」の伝え方・聴き方
<参加対象者>
  • 若手社員・新入社員
経歴
大学卒業後、ベンチャー企業にてFC事業開発を経験。その後、25歳で独立する。
短期間で黒字化するが、極度のストレスから急性緑内障を発症。突然、視覚障碍者となる。
目のハンディを克服するべく心理カウンセラー、研修講師へと転身。KDDIグループにてメンタルヘルス研修、コミュニケーション研修の講師として活躍したのち、再び独立する。うつ病患者、うつ病支援者、生活困窮者などカウンセリング実績は延べ3,000人以上。

大阪額田 広一

テーマ

人事制度構築・運用、目標管理制度、実践的階層別研修

2019年2月18日(月)午前:部下を育成し、組織目標を達成するための目標設定・目標管理の進め方【前編】
2019年2月18日(月)午後:部下を育成し、組織目標を達成するための目標設定・目標管理の進め方【後編】
<参加対象者>
  • 部下の目標を管理している方、目標管理の企画・運営者、目標管理制度の導入を検討している方、経営幹部
経歴
グッドストローク 代表

立命館大学法学部卒業、厚生労働省認定産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント。
大手精密機器商社にて営業実務、及び営業企画、管理職経験を経て、1989年から住友ビジネスコンサルティング(株)、(株)日本総研にて人事コンサルティング・人材開発(人事制度と連動する教育体系構築から個別研修企画・実施)に従事。
2002年に独立し、中堅・中小企業を中心に独自の人事制度づくり、制度定着のための運用と人材育成の両軸をテーマに活躍中である。
現在300社を超えるコンサル・研修実績を持ち、成果にこだわる実践的な指導で、支援企業からの高い評価・支持を得、高いリピート率を誇っている。
著書:
「目標によるマネジメントと管理職の役割」
「必ず成功する成果主義人事への変革のすすめ方」
「成果主義人事導入マニュアル」
「基本からわかる人が育つ組織づくり」
「こんな人事はアカン」他

大阪佐藤 允(まこと)

テーマ

インバスケットによるマネジメント能力の強化、対人関係能力向上によるリーダーシップ強化、長所進展法による能力開発

2019年2月19日(火)午前:部下指導での褒め方・叱り方【前編】
2019年2月19日(火)午後:部下指導での褒め方・叱り方【後編】
<参加対象者>
  • 部下を持つすべてのリーダー、管理職、部下を育てる褒め方・叱り方を学びたい方
経歴
ひよどり コンサルティング代表 キャリアコンサルタント/産業カウンセラー

株式会社ウィザス(JASDAQ上場)にて、進学塾校長、数十校舎のスーパーバイザー、人材開発部長、取締役・執行役員、子会社社長を歴任。
部下指導、育成に手腕を発揮。
教育コンサルタントに転進した2006年以降「育成の座標軸づくり」に取り組み、講師として企業、大学、官公庁、公益法人で登壇している。

専門領域「人間関係開発」
・キャリア開発
・決断力強化
・セルフエスティームの強化
・合意形成力の強化
・歴史に学ぶマネジメント

モットー:“Luck is no accident”(幸運は偶然ではない)

ご利用企業様の声

プラント関連産業機械製造メーカー F様

会社の発展・活性化を担う人材育成のために、
定額制クラブへの期待は大きいです。

当社は、人材育成に関してはOJT中心に行ってきましたが、新技術の確立や海外市場に目を向けると、今までに無かった新しい考え方を積み上げて行かなければならない状況でした。また今の時代は、何をするにもスピードを上げることが必要で、人材育成についても、思考法やスキルをスピーディーに習得してもらうことが大切なので、定額制クラブには、そういった部分での期待が大きいですね。セミナー受講者にはアンケートを提出させ、5段階評価をつけさせていますが、平均すると4点を上回っています。セミナーの選択は個人の希望に任せていますが、満足度の高いセミナーは口コミで広がっている様子です。所属長クラスが自主的に参加するなど、いい影響も見られています。セミナー受講を今後も続けていくことで、技術以外の部分でも力をつけていくのが願いですね。

ページトップへ戻る