「定額制クラブ」による
『教育に関わる上司・本人』の課題解決

平成29年度「能力開発基本調査」(厚生労働省)によると、人材育成に関して何らかの「問題がある」と回答した事業所は75.4%となり、問題点として多い回答は「指導する人材が不足している」「人材育成を行う時間がない」となっています。

平成28年度中に自己啓発を行った正社員の割合は42.9%と昨年比若干の減少傾向にあり又、自己啓発を行う上で「問題がある」と回答した正社員は78.9%にのぼり、問題点として多い回答は「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」「費用がかかりすぎる」となっています。

「定額制クラブ」は、
①日常業務への支障を最小限に抑え、効率的・集中的に学べ、忙しいビジネスパーソンでも受講しやすい受講システム
②東西合わせて、200人を超える専門家やプロ講師陣による、質の高い実践的な指導

により社員教育をサポートいたします。

基本パターン

平日
10:00〜13:00
14:00〜17:00
18:30〜20:30*
*セミナーによって若干開始時間が異なる場合があります。

年間受講スケジュールを一括お知らせ

年間の開催スケジュールを一括してお知らせしますので、
計画的な受講スケジュールを作成頂くことができます。

今月の講師紹介

東京村井 直志

テーマ

経理・財務(管理会計)

2020年11月04日(水)午前:原価計算入門~原価計算の基礎知識~【午前】
2020年11月04日(水)午後:原価計算入門~総合原価計算と原価差異分析~【午後】
<参加対象者>
  • 経理・財務・経営企画・生産・調達部門等の担当者
  • 原価計算基準の本質を理解したい方
経歴
一般社団法人 価値創造機構 理事長 公認会計士

主な得意分野:管理会計、経営革新
略歴:大手監査法人、コンサルファーム、税務事務所、東証上場会社役員などの経験を基に『数字はコミュニケーションツール』を実践指導する。顧客の経営課題を抽出し、的確な経営管理サポートや実践的な経営計画の立案支援などを行う。日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員長、経営・税務・業務各委員会委員などを歴任、日本公認会計士協会第34回研究大会に選抜。
著書:『強い会社の「儲けの公式」』(ダイヤモンド社)、『会社四季報から始める企業分析 最強の会計力』(共著、東洋経済新報社)ほか多数

東京林 恭弘

テーマ

階層別(管理職)

2020年11月18日(水)午前:管理職 部下のモチベーションの高め方【午前】
2020年11月18日(水)午後:管理職 組織が変わるコミュニケーション【午後】
<参加対象者>
  • 管理職
経歴
ビジネス心理コンサルティング株式会社 代表

略歴:企業の人事・教育コンサルタント会社を経て、2010年ビジネス心理コンサルティング㈱を設立。エグゼクティブを対象とした講演活動から幼児教育事業まで幅広く教育分野に携わる。
経営者、管理職、一般職、労働組合、教育、医療、行政などを対象とした講演会・研修会で全国を飛び回り、 4,000回以上の講演会・研修会を担当。多方面において幅広く活動を展開し、全国各地で好評を博している。

大阪荒金 雅子

テーマ

ダイバーシティ推進、働き方改革、ファシリテーション、学習する 組織、U理論、アクションラーニング、女性のリーダーシップ等

2020年11月19日(木):女性社員のやる気を引き出す育て方
<参加対象者>
  • 女性社員を部下にもつ方 女性社員を指導する
  • コミュニケーションをとる立場の方
  • 女性社員を育成し、活躍推進を進める立場の方
経歴
株式会社クオリア 代表取締役

ダイバーシティファシリテーター/イノベーションファシリテーター。都市計画コンサルタント会社、NPO法人理事、会社経営等を経て、㈱クオリアを設立、代表取締役に就任。1996年、米国訪問時にダイバーシティのコンセプトと出会い強く影響を受け、以降一貫して組織のダイバーシティ推進やワークライフバランスの実現に力を注いでいる。

大阪河野 貴史

テーマ

問題発見、課題解決、ビジネス統計、ロジカルイノベーション、プレゼンテーション、ファシリテーション、リーダーシップ、コーチング

2020年11月18日(水)午前:ロジカル・ラテラル・クリティカルシンキングを鍛える思考力アップセミナー(前編)
2020年11月18日(水)午後:ロジカル・ラテラル・クリティカルシンキングを鍛える思考力アップセミナー(後編)
<参加対象者>
  • 若手社員、中堅社員、管理職
  • 論理的思考力、本質要因発見力や問題解決力を高めたい方
経歴
株式会社メンター・クラフト 常務執行役員
コンサルティング・ディレクター

京都大学大学院工学研究科修了、豪州Bond大学大学院修了(MBA)。川崎製鉄(現JFEスチール)を経て現職。前職では新素材・自動車用素材の研究開発から事業立ち上げに従事する他、企画部門で新技術発掘プロジェクトを主導。「創造の源泉はコミュニケーションにあり」が信条。グループワークをふんだんに盛り込んだ、受講者の気づきを重視する研修を通じ、人材育成に取り組む。

ご利用企業様の声

プラント関連産業機械製造メーカー F様

会社の発展・活性化を担う人材育成のために、
定額制クラブへの期待は大きいです。

当社は、人材育成に関してはOJT中心に行ってきましたが、新技術の確立や海外市場に目を向けると、今までに無かった新しい考え方を積み上げて行かなければならない状況でした。また今の時代は、何をするにもスピードを上げることが必要で、人材育成についても、思考法やスキルをスピーディーに習得してもらうことが大切なので、定額制クラブには、そういった部分での期待が大きいですね。セミナー受講者にはアンケートを提出させ、5段階評価をつけさせていますが、平均すると4点を上回っています。セミナーの選択は個人の希望に任せていますが、満足度の高いセミナーは口コミで広がっている様子です。所属長クラスが自主的に参加するなど、いい影響も見られています。セミナー受講を今後も続けていくことで、技術以外の部分でも力をつけていくのが願いですね。

ページトップへ戻る