トップページ カテゴリーガイド一覧 「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」の研修情報・セミナー

業務改善・タイムマネジメント・生産性向上

「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」の人材育成
 ~求められるスキル、教育について~

「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」に必要な教育ついて

「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」のスキルは、日常業務の業務改善や生産性向上のためのPDCA、タイムマネジメント、段取り力、業務マニュアル活用、事務改善、5S活動、スマートファイリングなど、様々な業務に役立ちます。

「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」に必要な要素

業務のパフォーマンスを上げる様々な仕事術を習得することは、新たな視点を取り入れて仕事を行うことに繋がり生産性向上に繋げる良いきっかけとなります。また、今まで気づかなかった無駄の発見や事務ミスを減らす効果ももたらします。そして、さらには効率化で生まれた余裕から社員一人ひとりがもう一段階ステップアップして、本来社員がやるべきコア業務へと取組んでいくことに繋がります。

段取りよく業務を進める手法

PDCAサイクルがやはり業務改善には必須のスキルとなります。
業務改善の前に業務運営・遂行のためのPDCAを実践していきましょう。
「Plan、Do、Check、Action」であり、Pは「Plan(計画)」であり、目標を設定し計画を立てます。Dは「Do(実行)」であり、Pで立てた計画を実行します。Cは「Check(評価)」であり、P計画とD実行の差異などを比較検討していきます。Aは「Action(改善)」であり、解決方法につなげていくために実行し、次の再設定の計画につなげていくステップです。

業務改善に必要なスキル

業務改善・業務効率ではECRS(イクルス)が有効です。
業務改善を進める視点とその取り組みの順番を示したフレームワークです。
Eは「Eliminate(エリミネート)」であり、この業務は必要なの?と無くせるものがないかを検討します。Cは「Combine(コンバイン)」であり、別々で行っている業務などを一緒にできないかを検討します。Rは「Rearrange(リアレンジ)」であり、業務や作業の順番を入れ替えて効率化できないかを検討します。Sは「Simplify(シンプリファイ)」であり、業務をより簡素化・単純化できないかを検討します。

時間管理を上手に実践する

ビジネスパーソンは時間管理をうまくできる、まさにタイムマネジメントができる人ができる人として評価されることが多いです。では時間管理ってなにをすることなの?となります。同じ業務を疑問に思わずそのまま続ける、さらに時間を区切らず納期も意識していない思考の人には難しいかもしれません。やはり捨てる業務、しっかり継続する業務を常に考えて、期限を自分にしっかり課すことが求められ、自分の能力や周囲の応援で限られた時間で業務するためにどうすべきを考えます。また、自己啓発などで有効なスキマ時間活用も、時間管理の必要な項目となります。

「業務改善・タイムマネジメント・生産性向上」に役立つ研修・セミナー例

生産性と効率性向上のためのタイムマネジメント

近年、生産性を向上させるスキルとして、タイムマネジメント(時間管理)が注目されています。限られた労働時間内で、より高い成果を出していくにはどうすればよいのでしょうか?カギとなるのが「時間管理=行動管理」という発想です。
時間のムダ使いの原因となっている行動(業務)を洗い出し、重要な業務を行う時間を創り出すための改善策を考えます。また、生産性を向上させるための具体的なヒントを得ていただけるような時短化・効率化のテクニックや他社の好事例を数多く紹介しながら講義を進めます。生産性を向上させたい方、業務を効率化させたい方、残業を減らしたい方などにおすすめの内容です。

ワンランク上の「段取り力」養成講座

働き方改革の推進により、残業を減らし仕事の生産性を高めることが一人ひとりのビジネスパーソンに求められています。限られた労働時間の中で、これまでと変わらない(もしくは増えている)仕事量をどうコントロールすればよいのでしょうか。そこで不可欠なのが「段取り力」です。業務を効率よく進めるための段取りのスキルを、様々なワークを通じて習得します。日々意識し実践を積み重ねていくことで、段取り力は確実に自分のものとなり、仕事の成果向上につながります。生産性を向上させたい方におすすめの内容です。

仕事のスピードアップのための段取り力養成セミナー

サクサクと仕事がはかどり、ワーク・ライフ・マネジメントが実現できる段取り力をお伝えします。
段取り良く仕事をするための環境づくりに必要な「整理整頓力」を身につけます。そして次に業務の棚卸しを行います。業務の目的や標準化の必要性を見える化し業務のムダを省きます。また、ケーススタディを通して的確な優先順位がつけられる「判断力」と計画的に業務遂行できる「タイムマネジメント力」、周りの協力を得ながら効率的に仕事が進められる「巻き込み力」を習得し、業務を自分の力でマネジメントできるようにします。
業務の生産性が高まることで自分自身に余裕が生まれ、それが豊かな発想を生み出し、新たな価値創造にもつながります。このままではいけないと思った今が改善のチャンスです。まずは自分の段取り力を向上してみませんか?

事務ミスゼロの仕事術

一度ミスが起こってしまうと、やり直すという二度手間が発生するだけでなく、お客様や関係部署に迷惑をかけるなど、信頼低下にもつながってしまいます。ミスの種類や発生原因を理解した上で、ミスを無くすための考え方や取り組み方を演習やケーススタディを通じて習得して頂きます。事務ミスゼロで、効率よく正確に仕事を進めるスキルを高めたい方、業務改善の必要性を感じている方におすすめです。

ビジネスセミナーを探すエリア

ビジネスセミナーを探す


各分野に精通した専門の講師陣による実務重視のセミナー内容と社員教育に必要な体系的な階層別プログラムラインナップをご用意。最新情報をキャッチアップできるセミナーも随時開催中。

セミナーサンプル

セミナーサンプルアコーディオンエリア
  • 生産性と効率性向上のためのタイムマネジメント

    1.研修の狙い

    近年、生産性を向上させるスキルとして、タイムマネジメント(時間管理)が注目されています。限られた労働時間内で、より高い成果を出していくにはどうすればよいのでしょうか?カギとなるのが「時間管理=行動管理」という発想です。
    この講座では、時間のムダ使いの原因となっている行動(業務)を洗い出し、重要な業務を行う時間を創り出すための改善策を考えます。また、生産性を向上させるための具体的なヒントを得ていただけるよう、講師自身が実践している時短化・効率化のテクニックや他社の好事例を数多く紹介しながら講義を進めます。生産性を向上させたい方、業務を効率化させたい方、残業を減らしたい方などにおすすめの内容です。

    2.プログラム内容

    1.イントロダクション
     1)時間管理がうまい人、下手な人とは?
     2)イメージと理想像
     3)企業での実例と具体的な実績・効果

    2.タイムマネジメントの意義
     1)なぜ残業してしまうのか?
     2)時間創出のためにやるべきこと
     3)現状維持と付加価値創出に向けて
     4)「費用対効果」「時間対効果」の意識

    3.成功事例の共有
     1)仕事で活用している時短化・効率化の事例紹介
     2)他社での事例紹介(時短テクニック、整理術、ミーティングスキル等)
     3)ベストプラクティスを自己投影する
     4)現場のマネジメントにどう活用していくべきか
     5)「理解している」と「実行できる」の違い

    4.タイムロスの発見
     1)時間のムダ使い業務・行動の洗い出し
     2)タイムロス管理表作成
     3)「費用対効果」「時間対効果」の検証
     4)タイムロスの改善策立案

    5.日々の業務の洗い出しとタイムマネジメント
     1)日々の業務の洗い出しと分類
     2)マトリクス・ストラクチャを用いた優先順位の設定
     3)効率化・時短化に向けた具体的な解決策の立案

    6.タイムマネジメントの最適化に向けて
     1)本日の気づきの振り返り
     2)理想に近づくための行動指針とは?
     3)実行計画(アクションプランシートの作成)

    7.まとめと質疑応答

  • ワンランク上の「段取り力」養成講座

    1.研修の狙い

    働き方改革の推進により、残業を減らし仕事の生産性を高めることが一人ひとりのビジネスパーソンに求められています。限られた労働時間の中で、これまでと変わらない(もしくは増えている)仕事量をどうコントロールすればよいのでしょうか。そこで不可欠なのが「段取り力」です。
    このセミナーでは、業務を効率よく進めるための段取りのスキルを、様々なワークを通じて習得します。日々意識し実践を積み重ねていくことで、段取り力は確実に自分のものとなり、仕事の成果向上につながります。生産性を向上させたい方におすすめの内容です。

    2.プログラム内容

    1.デキル人は段取り上手
     1)仕事の段取り力とは?
     2)ビジネス環境の変化と業務環境の変化
     3)職種・業界を超え、必須のプロジェクト型業務
     4)社会人基礎力とは?
     5)業務の効率化へ向けて
     6)Afterコロナ・Withコロナの働き方改革を考える
     7)これからも訪れる脅威・変化と共存した働き方とは?

    2.仕事の全体像を捉えるために
     1)ケーススタディから学ぶ仕事の段取り力
     2)ニーズ・課題の把握・評価
     3)ゴール設定の4つの要素とは?
     4)作業範囲の重要性
     5)文書化による共通認識作りを!
     
    3.業務の計画・アクションプラン
     1)ゴール設定から計画へ
     2)「やることリスト」作成に向けた作業分解
     3)論理的思考を活用したTodoリスト(WBS)作成
     4)役割分担と所要時間の見積もり
     5)セルフマネジメントとチームマネジメント

    4.業務の「見える化」による「効率化」
     1)仕事の手順設定
     2)優先順位の考え方
     3)前後関係と作業の依存関係
     4)ゴール設定との整合性・実現可能性の検証
     5)プロセスネットワーク図の完成

    5.明日からの業務の段取りを考える
     1)あなたの現在の業務の段取りを考えよう
     2)あなたの業務のゴール設定
     3)あなたの業務のアクションプランニング
     4)あなたの業務の見える化
     5)明日からの実践準備と評価
     【個人セッション】

  • 仕事のスピードアップのための段取り力養成セミナー

    1.研修の狙い

    「毎日忙しい」「いつも仕事に追われている」と変化の激しい時代の中で疲弊しているビジネスパーソンが多くいます。そんな中、「人員不足だから仕方ない」「仕事の仕方を変えたいが変え方がわからない」「段取りを組む時間さえもったいない」とあきらめていませんか?本セミナーでは、サクサクと仕事がはかどり、ワーク・ライフ・マネジメントが実現できる段取り力をお伝えします。午前は、段取り良く仕事をするための環境づくりに必要な「整理整頓力」を身につけます。そして次に業務の棚卸しを行います。業務の目的や標準化の必要性を見える化し業務のムダを省きます。午後は、ケーススタディを通して的確な優先順位がつけられる「判断力」と計画的に業務遂行できる「タイムマネジメント力」、周りの協力を得ながら効率的に仕事が進められる「巻き込み力」を習得し、業務を自分の力でマネジメントできるようにします。業務の生産性が高まることで自分自身に余裕が生まれ、それが豊かな発想を生み出し、新たな価値創造にもつながります。このままではいけないと思った今が改善のチャンスです。まずは自分の段取り力を向上してみませんか?

    2.プログラム内容

    1.なぜ段取りが必要なのか
     1)現状のままで成果があがるのか
     2)短時間で成果を出す働き方・考え方
     3)業務の生産性を向上させるには?
     4)ワーク・ライフ・マネジメントを実現させる「段取り力」

    2.段取りよく仕事ができる環境づくり
     1)効果的な仕事の進め方
     2)仕事の管理に必要なもの
     3)段取り上手になるには3STEP!

    3.整理整頓の方法を学び、仕事がはかどる環境を自らがつくる
     1)「整理整頓」はただの片づけではない
     2)自分の整理整頓レベルを知る<個人ワーク> 

    4.快適なオフィス空間をつくる秘訣
     1)デスク周りを戦略基地化する
     2)オフィス内を整頓する

    5.業務のムダを発見し生産性の高い働き方を習得する
     1)業務のムダを発見する<個人ワーク> 
     2)今の仕事を棚卸しする<個人ワーク> 
     3)ムダをなくす工夫を考える
     4)「業務に翻弄」されるのではなく、「業務をマネジメント」する

    6.業務はマネジメントするもの
     1)段取り上手になるには3STEP!
     2)業務は追われるものではない
     3)仕事と作業の違いとは何か

    7.時間への意識を高めタイムマネジメント力を向上する
     1)タイムマネジメント力チェック<個人ワーク> 
     2)私流タイムマネジメント術
     3)時間を4つのマトリックスで考える

    8.的確に優先順位をつけるための判断基準を学ぶ
     1)仕事がテキパキ片付く人と、追われる人の違い
     2)「割り込み仕事」と諦めない
     3)優先順位をどう決める?
     4)どんどん舞い込む仕事を的確に判断するには?<ケーススタディ>  

    9.周りを巻き込み組織全体の生産性向上を目指す
     1)「巻き込み力」と生産性との関係とは
     2)整理された「報・連・相」が組織の仕事の質を高める
     3)2つのパワーを知る

    10.自分らしく働く環境は自分でつくる
     1)自分に合ったプランニング方法を見つける
     2)明日からの業務に向けて段取り力を高めるための『行動の見える化』

  • 事務ミスゼロの仕事術

    1.研修の狙い

    一度ミスが起こってしまうと、やり直すという二度手間が発生するだけでなく、お客様や関係部署に迷惑をかけるなど、信頼低下にもつながってしまいます。
    このセミナーでは、ミスの種類や発生原因を理解した上で、ミスを無くすための考え方や取り組み方を演習やケーススタディを通じて習得して頂きます。事務ミスゼロで、効率よく正確に仕事を進めるスキルを高めたい方、業務改善の必要性を感じている方におすすめです。

    2.プログラム内容

    1.ミスを減らせば仕事の質も向上する
    【STEP1:ミスの怖さを知る】
     1)ミスが招いた大きな損失・被害
     2)ハインリッヒの法則を知る
     3)身近に起きたヒヤリ・ハットを洗い出す【個人ワーク】

    2.ミス発見・改善に必要な視点とは
    【STEP2:どんなミスがあるのかを知る】
     1)あなたの身近にあるこんなミス【チェックリスト】
      ~どんなミスがあるのか?~

    3.ミスが発生する原因・背景の分析
    【STEP3:なぜミスは起こるのかを知る】
     1)ミスが起こった原因を多面的に考える
      ~職場で起こっている3大ミス要因~
      ・人間の習性が引き起こすミス
      ・道具不備によるミス
      ・環境不備によるミス
     2)現象を引き起こした「要素」をツリーで考える
     3)“なぜなぜ分析”で真の要因を探る【個人ワーク】

    4.3つの原因から考える「よくあるミスの対処法」
    【STEP4:ミスをどう改善するのかを知る-1】
     1)人の習性が引き起こすミスをなくす
      ・うっかりミス
      ・思い込みによるミス
     2)道具の不備が引き起こすミスをなくす
      ・引き継ぎの不備をなくす【マニュアルづくりケーススタディ】
     3)環境の不備が引き起こすミスをなくす
      ・情報共有不足が引き起こすミス
      ・5S環境不備によるミス

    5.今ある資源(ツール・人・環境)を活用して「ミスゼロ」のアイデアを出す
    【STEP5:ミスをどう改善するのかを知る-2】
     1)改善アイデア出しに有効な発想法【ブレインストーミング】
     2)全体でアイデアを共有する
     3)自分が取り組めることを明確にする

    6.「ミスゼロ職場」を実現するには
    【STEP6:周りを巻き込み取り組む方法を知る】
     1)効果的にリーダーシップを発揮する
     2)ミスは隠すのではなくオープンにする風土をつくる

 
定額制サービスを探すエリア

定額制サービスを探す


定額制クラブ (来場セミナー)

月額定額で定額制クラブのセミナーを受講できる社員教育サービス。

業務改善・タイムマネジメント・生産性向上

定額制Webセミナー (アーカイブセミナー)

月額定額で定額制Webセミナーを受講できる社員教育サービス。

業務改善・タイムマネジメント・生産性向上

自社にあった研修支援を探すエリア

自分にあった研修支援を探す


お客さまのご要望に応じたカスタマイズ型のオーダーメイド研修を、自社内で実現できる社員教育サービス。

下部コンテンツ追加エリア