SMBCビジネスセミナー

総務・法務・監査

INDEX

セミナーの目的・特徴

「総務・法務・監査」関連セミナーでは、総務・法務部門に求められる、リスクマネジメントや法律の基礎知識、具体的な法制度の各論やリスクの対応方法等に関するセミナー、監査役や内部監査担当者のための内部統制・内部監査に関するセミナー、また、広報・秘書担当者向けのセミナーをそろえています。

総務・法務・監査部門は経営陣も含めた社内のすべての部署と関係を持つ存在です。社内全体を見渡し、疎遠になりがちな経営陣と現場・部署と部署をつなぎ、社員全員を経営陣の目指す目標に向かわせると共に、健全な企業活動を継続的に行うための企業の根幹を担う役割です。広範かつ専門性の高い知識を求められる上に、外部との折衝では高いコミュニケーション能力も必要となります。又、企業不正や不祥事の続発、ガバナンス強化の流れから、多くの企業で内部統制や内部監査に関心が高まっています。 内部監査は、企業内部の立場から、経営諸活動が経営目標に合致しているかどうかについて経営者に対して意見を述べるものであると共に、その監査結果について意見を述べるだけではなく、発見された問題点について改善提案を行い、その項目が改善・是正されたか、フォローアップする役割も求められています。

主要法規一覧

(1)ガバナンスに関する分野

会社法、金融商品取引法

(2)公正な取引に関する分野

独占禁止法、下請法、不正競争防止法 等

(3)労務の管理に関する分野

労働契約法、労働基準法、男女雇用機会均等法、高齢者雇用安定法 等

(4)情報の管理に関する分野

個人情報保護法

(5)知的財産権に関する分野

特許法、意匠法、商標法、著作権法

コーポレートガバナンス・内部統制・内部監査の関係性

定義 出典
コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスとは、会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みを意味します。

2015年6月1日に東証が公表した「コーポレートガバナンス・コード」

内部統制

内部統制とは、基本的に、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守並びに資産の保全の4つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスをいい、統制環境、リスクの評価と対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング(監視活動)及びIT(情報技術)への対応の6つの基本的要素から構成されます。

企業会計審議会(金融庁)が公表している「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」

内部監査

内部監査は、組織体の運営に関し価値を付加し、また改善するために行われる、独立にして、客観的なアシュアランスおよびコンサルティング活動です。内部監査は、組織体の目標の達成に役立つことにある。このためにリスク・マネジメント、コントロールおよびガバナンスの各プロセスの有効性の評価、改善を、内部監査の専門職として規律ある姿勢で体系的な手法をもって行います。

一般社団法人日本内部監査協会の「内部監査基準」

セミナー概要

法律・契約書

法律やリスクマネジメントへのしっかりとした対応は必至であり、すべての従業員にも徹底されなければなりません。日常業務で押さえておきたい法律知識、契約書、債権管理等を事例を交えながら、業務に活かせるよう学んでいきます。

内部統制・内部監査・監査役

監査部門に必要な内部統制と監査役監査・内部監査の進め方、について現場での業務プロ セス、日常業務の進め方や、不祥事の事例からみる問題点等を具体的に実務の視点から学 びます。

広報・秘書

総務・庶務・秘書スタッフが「企業の顔」として、気がきく仕事をするために必要なマインドとスキルを実習も交えて、すぐに活用できる実務を学びます。

主な関連セミナーのご紹介

セミナー詳細

※東京のセミナー内容をご覧になる場合は、セミナーコース選択で【東京版】をご選択ください。

日常業務に必要な法律知識大阪版

全講のご案内大阪版

1.基礎的な法律知識の取得と覚えておきたい法律用語の解説
2.契約書に関する基礎的な法律知識の確認
3.契約書を作成する際のフローと重要ポイント
4.債権回収の基礎的な要点
5.信用不安が生じた際に実行すべき債権回収の具体手法
6.クレーム処理の基本的手順の解説と実務に役立つマニュアル化

さらに詳細を見る

1.基礎的な法律知識の取得と覚えておきたい法律用語の解説  1)コンプライアンス重視の現在では、ビジネスにも法的知識が必須??
 2)紛争を未然に防ぐ予防法務でリスク回避の安全経営を実現
 3)書籍などに出てくる法律用語の分かり易い説明
  「第○条」「第○項」「第○号」、「みなす」
  「故意」「過失」、「善意」「悪意」
  「善良な管理者の注意義務」
  「自己のものと同一の注意義務」その他

2.契約書に関する基礎的な法律知識の確認  1)署名・印鑑・文書の区分に関する基礎知識
 2)割印や袋綴じ等、契約締結時のミスを防ぐ基礎知識

3.契約書を作成する際のフローと重要ポイント  1)契約書の重要性~予防法務の柱が契約書~
 2)契約書・覚書・合意書・約定書は効力に差があるのか
 3)契約書の作成のフロー(こうすれば自社で契約書作成ができる)
 4)相手方から提示された契約書のチェックと変更の方法
 5)契約書を公正証書にする意味は何か

4.債権回収の基礎的な要点  1)債権回収についての基本となる考え方~債権管理と債権回収のスムーズな連携~
 2)債権の回収率を上げる「通常時にできる準備」と「緊急の債権回収時の心構え」

5.信用不安が生じた際に実行すべき債権回収の具体手法  1)取引先の信用不安が生じた場合に実行すべき対応のポイント
 2)法的手続の前に考えられる主な債権回収の方法
 3)法的手続としての主な債権回収の方法

6.クレーム処理の基本的手順の解説と実務に役立つマニュアル化  1)クレームとは何か~問い合わせ・苦情との違い~
 2)クレーム処理の基本的な手順(クレーム処理のフローを解説)
 3)クレーム処理のマニュアル化(マニュアルにする場合のポイントも解説)

講師 五島 洋 氏
弁護士法人飛翔法律事務所
代表
弁護士

1日で身につける!契約書の基礎知識と作成・チェックの要点大阪版

セミナー概要大阪版

1.契約書作成の重要性
2.契約書の基礎知識
3.契約書作成とチェックのフロー
4.契約締結・保管・終了時の注意点
5.契約条項の曖昧性をなくしてトラブル防止
6.契約条項ごとの留意点の徹底解説
7.債権回収に強い契約書にする方法
8.反社会勢力排除に関する契約上の取り組み
9.下請法の視点からの注意点
10.多様なビジネス契約ごとの具体的な実務ノウハウ

さらに詳細を見る

印紙税の基本と実務ポイント大阪版

セミナー概要大阪版

1.印紙税法の性格と趣旨
2.印紙税法の基礎知識
3.具体的事例による印紙税額・課否判断

さらに詳細を見る

気がきく総務・庶務・秘書スタッフのための基礎実務大阪版

セミナー概要大阪版

1.組織における私たちの役割
2.知っておくべき業務知識
3.歓迎の思いを形にする来客応対
4.好感を与える会話術
5.仕事の質を高める電話応対
6.ビジネス文書とビジネスメールのルール

さらに詳細を見る

セミナースケジュール

・検索結果 10件 該当しました。

1 
開催日 開催地 空席状況 説明会名 講師
2021/12/09(木)大阪【セミナー研修】日常業務に必要な法律知識
五島 洋 氏
2021/12/09(木)大阪【セミナー研修】日常業務に必要な法律知識(契約書編)
五島 洋 氏
2021/12/09(木)大阪【セミナー研修】日常業務に必要な法律知識(債権回収・クレーム対応編)
五島 洋 氏
2022/01/25(火)大阪【セミナー研修】クレーム対応の基本と応用
津田 卓也 氏
2022/02/09(水)大阪【セミナー研修】採用担当者が知っておくべき法律の基礎
【新卒採用セミナー】第2講
村本 浩 氏
2022/02/16(水)大阪【セミナー研修】1日で身につける!契約書の基礎知識と作成・チェックの要点
五島 洋 氏
2022/02/17(木)大阪【セミナー研修】これだけは知っておきたい!コンプライアンスの基礎知識
里内 友貴子 氏
2022/02/21(月)大阪【セミナー研修】会社への信頼度を確実に高めるクレーム対応の基礎
山本 幸美 氏
2022/03/11(金)大阪【セミナー研修】クレーム対応の基本と応用
津田 卓也 氏
2022/03/17(木)大阪【セミナー研修】個人情報保護の基本
熊谷 ひろみ 氏
1 
pagetop
フリーワード2